2011年夏:新アニメ1話感想


■うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%

個人的期待度…★☆
OPダンスが…これは…度…★★★★

いきなり乙女枠きたこれ…という以前に、黄色い歓声飛びまくりすぎなOPで度肝を抜かれた。えーと芸能をテーマにした学園で、作曲家志望の少が色々とイケメンに助けてもらう話っぽい。しあわせだねー。

そのイケメンは熱血、クール、やんちゃ、御曹司に男の娘先生と様々。若本声の校長は、高橋留美子っぽさを思い出すな…とか思ってたら、いきなりキャラソン来て、おいおいこりゃーグッズ展開大変なことになるぞー!

まー正統派逆ハーレムものってことで、確実に当てに来てる感。メインヒーローがテレビではお笑い路線で、実は2のセンってのは、お笑いブームの今っぽい要素だなーと思った。



■ぬらりひょんの孫〜千年魔京〜

個人的期待度…★★☆
ショタも安心度…★★★

こないだ終わったーと思ってた「ぬらりひょんの孫」が早速の続編。妖怪とのクォーターである真面目系主人公が、いざとなると妖怪になって…という、いかにもな少年漫画。

今回は過去の話で、前期キャラたちの小学生時代。でもってリクオくんが精通する…じゃなくて妖怪変化に目覚めるところ。本格的な新展開は次回以降か。

まー妖怪の血に対する悩みだのなんだのは既に終わらせた感があるので、どっちかっつーと妖怪組織同士の抗争が中心の、妖怪極道ものになるんかな。これはこれで悪くないんだけど、もうちょっと何か押しが欲しいなー。



■異国迷路のクロワーゼ

個人的期待度…★★★☆
SDキャラがしゅごっぽい度…★★☆

古き良き時代のパリを舞台に和風ロリ少女がやって来て、様々な出会いをするといったような話っぽい。

まーとにかく湯音かわいいかわいいという作品。和風少女が好きー古めの欧風文化も好きーという都合のよい偏愛っぽさは好感が持てる。

湯音はデザインとしてはオーソドックスながらツボを得たものになっていて非常に可愛い。けど、中身はまだお人形さんすぎて今後に期待か。和風ヒロインってことで、縄系の同人誌とか出そうで困ったにゃー。



■夏目友人帳参

個人的期待度…★★★★
安定妖怪度…★★★★★★

クオリティの高いアニメ化で人気を博した「夏目」シリーズの三期。すでに貫禄を感じる作りで、安定した面白さ。二期の時もそうだったけど、一話として非常に完成度が高い。

ていうか一話なのに最終回でも通じる落とし方はやりすぎでは。もうちょっとハラハラする展開を望むってのは贅沢なんかなー。



■ゆるゆり

個人的期待度…★★★
ロリコンて言葉には敏感世代度…★★★★

女の子がいっぱいーだけど、掲載誌がコミック百合姫ってことで、まーそういうことか。wikiによると連載当時ダントツの人気だったそうで。ほうほう。

特に大笑いするようなギャグは無いものの、主人公たちの百合ん百合んほのぼのした日常ってだけでほんわかする。第一話にして、主人公の影が薄いネタってのも凄いな。普通早くても3話くらいだろ。

正直最初は期待してなかったし、クオリティとして目立つ部分も無かったんだけど、なんか最終的にもうちょっと見たくなるだけの引きはあった。今後に期待ー。



■神様ドォルズ

個人的期待度…★★★☆
妹属性ないけど妹!度…★★★★

タイトルからしてセカイ系ラノベ原作かなーと予想していたんだけど、サンデーGXなんだ。いかにもアニメ的な絵柄でありながら、全体的に不穏な雰囲気が漂っている。「なるたる」みたいな鬱っぽさというか。シンプルかつ無表情な怖さの案山子はいい感じ。

田舎の村から出てきた青年が因習にとらわれつつ、主人公を追ってきた幼なじみ 殺人鬼と対決しながら、ロリ妹と巨乳と同居する…という流れのよう。それがサンデーらしいちょっとダサいアニメっぽさとグロ描写を混ぜて描かれていて、なんつーかかなり不思議な世界。

能力バトルものになるのかサスペンス系になるのかオカルトになるのかは不明だけど、「田舎」「能力」「グロ」と、最近流行な要素が詰まってて、それなりに期待してもよさげ。



■ロウきゅーぶ!

個人的期待度…★★☆
イベント倍率高そう度…★★★★

このご時世に小学生系ハーレムアニメとは。ジャンルを付けるとすればスポ根ほのぼの…じゃなくて萌え豚アニメだな。

様々な髪の色の美少女を準備、メイド服にスパッツに着替えと盛りだくさん…なのはいいんだけど、正直これとって引っかかるようなものが無かった。

声優さんは花澤、日笠、能登、かな恵等々人気どころが揃ってるので、そこらへんが好きな人なら。



■快盗天使ツインエンジェル〜キュンキュンときめきパラダイス!!

個人的期待度…★★☆
イベント倍率やばそう度…★★★★★

ゆかりん&能登で話題になっていた萌えパチンコがようやくのアニメ化。いつの間にかくぎゅうやほっちゃんまで参加してたのね。

ロリにしては肉付きがよくて、ほっぺたの出っ張りなどはなんとなく90年代あかほりアニメの匂いが。変身シーンのエロさも、今となってはどこか懐かしさを感じる。ストーリーは…今のところ特に無し。

まー有名声優大量出演いう感じで華やかではあるけど、やはり「RIO」などのパチンコ原作アニメかーてことになっちゃうなー。「戦国乙女」は終盤にちょっとだけ盛り上がったんだけどね。



■うさぎドロップ

個人的期待度…★★★☆
おじさんの夢度…★★★

ノイタミナひとつめー。

原作はすでに完結している漫画らしい。少女漫画っぽい柔らかな色使いで、複雑な家庭の事情というか絶倫なおじいちゃんの残し形見幼女と、青年主人公が同居する。

初っ端から葬式だったんだけど、あまりアニメで描かれないちゃんとした大人の世界、親戚との微妙な距離、隠し子(?)に対する冷たさなどが丁寧に描いていくのはいい感じ。

幼女とおっさんて組み合わせは昔からある鉄板ものなので、よっぽど鬱展開でもなければ安心株になりそー。

ただこれ、あんまアニメである必要性を感じない気もする…と思ったら、夏に実写映画化もするらしい。「のだめ」みたいな大きいプロジェクトだったりするんかいな。



■NO.6

個人的期待度…★★★
ほもほも度…★★★★

ノイタミナふたつめー

こちらは一転、近未来の小学生が主人公というSF。いきなりリア充な小学生に反感。うっせージャイアン柄のくせに。

ディストピアで安穏な生活を送ってた少年の元に、スラム街からやって来た少年が現れ…って展開。こちらはボンボンと不良のカップルというこれまた王道な。

なんとなくBLというよりも根本的な、24年組を髣髴させる少年愛のようなものを感じた。おそらく今後、この二人の友情だの運命だの対決だの展開してくんだろーけど、まーとりあえずお付き合いしてきまっさー。



■アイドルマスター

個人的期待度…★★★★
ガイナ顔度…★★

一世を風靡したキラータイトルが満を持してのアニメ化。まーこれ以上ない程にハードルも上がってる中、どんな作りにするのかと見てる側も緊張してまった。

キャラデザ&監督は「グレンラガン」「パンスト」キャラデザの錦織敦史、製作はA-1picturesてことで、画面のクオリティはいい感じ。紹介VTRっぽい作りもアイディアだなーと思った。見てないけど、AKBのドキュメント映画とかこんな感じなんかな?

今回はとりあえず13人ものキャラ紹介。まあ一通り何となく知ってはいたのでおさらいって感じ。今後各キャラのエピソードを順につまんでいくのか、全く新しいものを展開してくかは不明。

熱狂ファンからの採点は分からないけど、アニメとしては十分な出来だった。基本的にキャラアニメなので、いかにアイドルを可愛く見せてくれるかってとこか。錦織キャラは動いてこそって気もするので、バキバキ暴れまくって欲しいわー。



■まよチキ!

個人的期待度…★★★☆
展開おおざっぱ度…★★★★★

公式サイトを見る限り、正統派ハーレムアニメっぽい。…と思いきや、いきなり脱糞から入るヒロインてのも珍しいな。そして押し倒した拍子に服はだけすぎだろ。

なんだかんだでボーイッシュ美少女執事と、隠れSなお嬢様と秘密を共有するようになった女性アレルギーの主人公という導入。なんかトイレだのボールギャグだの犯すだ去勢だの裸足だのエロさが生々しい。こりゃ全然正統派じゃないな。

「坂町近次郎」という名前の中に「チキン」が入ってるという、アニメ史上でも屈指のどうでもいいコンプレックスっぷりに驚愕。あと同居するにしても、普通ならもうちょっと経過を考えるだろうに、単にお嬢様の趣味としてさせられてるとしか思えない力技。なんつーか色々荒いというか男らしいな。まーそれでもお嬢様のSっぷりがエロいので大喜びで見るけど。裸足は毎回やってくんないかなー。

ちなみにタイトルの「まよチキ!」は、原作投稿時のタイトル「迷える執事とチキンな俺と」の略だって。分からんわー!



■神様のメモ帳

個人的期待度…★★★☆
「なのだよ」ジャンル確定度…★★★★★★

いきなりの一時間スペシャル。原作はラノベで、イラストは「花咲くいろは」の岸田メル。製作は「とらドラ」や「超電磁砲」のJ.C.STAFFってことで学園青春ものはお手のものって感じだけど、まだメル絵に慣れてない印象がたまに。

主体性ない系の男子高校生主人公が、ニート探偵団に巻き込まれていく。引きこもって、情報だけ集めて事件を解決する冷淡ヒロインアリスが可愛い可愛いー!ってまんま現代版ヴィクトリカたんだー!わーい!

でまー事件は援助交際だの本当の自分だのが出てくるタイプで、実に今風。

現実的にはアニメでミステリーって難しくって、謎解きなどで「しっかりできてるなー」と思えたことって記憶にないんだけど、まーアリスたんが可愛くて最終的にゴスロリで仕置きっぽく解決してくれれば満足です。でも普段もスカートがいいにゃー。



■バカとテストと召還獣にっ!

個人的期待度…★★★☆
まさかの安定枠度…★★★★★★

正統派学園ラブコメとしてスマッシュヒットだった前作からえーと一年ぶり?の二期。今回も大沼心監督で、とりあえずはキャラ紹介。

いまどき珍しいくらい真っ直ぐなキャラに真っ直ぐなギャグ。海でのナンパエピソードなんて「うる星」以来じゃなかろうか。でも十分面白い。こういうのでいいんだよこういうので。



■BLOOD-C

個人的期待度…★★★☆
肩幅広い度…★★★★★

前作は途中でレコーダーが故障してリタイアしちゃった。

キャラがCLAMPってことで、XXXHOLICのようなスタイリッシュオカルト色が強いか。しかし髪型、これはちょっと変じゃね?あと等身高すぎてみんなガタイが良くなりすぎてるような…。

でまーそんな等身高すぎヒロインが日本刀を持って高速お地蔵さんとバトル。終始無言なまま泥臭く戦う姿はなかなかカッコよかった。なんかまた暗い話になりそうだけど、今度はちゃんと見るでー。



■輪るピングドラム

個人的期待度…★★★★★
変わりませんね度…★★★★

幾原邦彦久々の監督作品ってことで、マニアの間では今期一番の注目作。

でーやっぱ上手いわー。ヒロインのエロ可愛さ、兄弟の耽美さはもちろん、ウテナやセラムンを髣髴させる異世界(?)のスピード感など、何がなにやら分からないのに気持ちいい。

単純に来週以降何が起きるか楽しみ。小説が出てるらしいけど、ネタバレを必死に回避しなきゃいかんなー。



■セイクリッドセブン

個人的期待度…★★★☆
ポール度…★★★★★

サンライズによるオリジナルヒーローアニメ。

クール系主人公に封印された力だの、銃器を持ったメイド隊だの、なんつーか素材はいちいちちょっと古いんだけど、作画に力が入ってて見れてしまった。ポールにしがみついて降りてくるメイドさんとかエロいわー。生まれ変わったらあのポールに絶対なる!

キャラ原案はいのまたむつみで、さすがに女の子は可愛いし、アクションもスピード感や迫力を感じる。全体的に悪くない。

ただ、スーツは暴走時の赤い方が完全にカッコいい…というか、あのスーツが子供っぽくて萎えちゃうんだよなー。なんか森羅万象チョコに出てきそうな。あとなんだっけ、アレにも似てる。桃太郎をモチーフにしたバトルスーツのアニメ。たぶんサンライズの。20年くらい前の。あーなんだっけ。あーあーあーガルキーバだ!と思って調べたら全然似てなった。

ちなみに今回、美術館が出てきたけど、wikiによると鎌倉市が製作協力してるらしくて、今後も名所だの色々出てくるらしい。

聖地巡礼には便利だけど、せっかくだからメイドさんを手配してのキャンペーンとかやって欲しいな。基地とかも再現して、お客さんはポールの役をやることができるの。両腕をピンと天に伸ばして真っ直ぐ立ったところに、メイドさんがしがみついてくるってプレイ…じゃなくてアトラクション。名づけて「ポールのミラクル大作戦」てーそれタツノコやがなー!(暑いっすね)一万くらいでどうだろ。速攻で予約する。



■いつか天魔の黒ウサギ

個人的期待度…★★★☆
ニーソもあるよ度…★★★★★

最初こそ普通の学園しっとりものだったのに、そうかしてる生徒会長が出てきたり、首が落ちても生きてたりといきなりムチャクチャな展開に。逆に面白いわ。

監督は「ななついろ」「ジュエルペットてぃんくる」の山本天志。相変わらず女の子が甘甘やな。とりあえずパンチラが多いのは嬉しいところ。既に「ヒロインどうなるの!?」よりも「次はどんなパンチラ!?」になってる。

なんか思うんだけど、現実の世界もこれくらいパンチラする世界であるべきじゃない?おかしくない?おかしくない?おかし…グゥ…ムニャムニャ…(あらら…泣き疲れて寝ちゃったわ)



■森田さんは無口

個人的期待度…★
このシナリオで5分アニメは厳しい度…★★★★★

最近ちょくちょく見かける5分アニメ。

無口な女子高生の森田さんのほのぼの日常アニメ。いや実質3分として、普通のアニメを本編21分とすると、7本見てようやく30分アニメ一本分か。

そういう意味でこういった5分アニメは、他の30分アニメと同じ視点で見てはいけないとは思うんだけど、今回の一話はその30分アニメの一部を切り取ったような展開なんだよなー。

キャラ紹介ではあるんだけど、あまりにもインパクトが薄く、オチらしいオチも無し。この後またすぐ続くんでしょ…?としか思えない。大河四コマの一話だけを見せられたような消化不良感。これで次回は一週間後ってのはきついなー。



■R-15

個人的期待度…★★☆
キャラ見えてこない度…★★★★★

天才ポルノ小説家高校生の主人公が、天才ばかり集まるっつーCLAMP学園みたいな学校に入学してのドタバタラブコメ。設定だけでお腹いっぱいなような。

なんかキャラが多いのはいいんだけど、ロクに紹介も無いままどんどん出番が入れ替わって進んでいくんですごく置いてかれた感が。

まーとにかく様々なシチュで主人公がエロ妄想するってのが売りなんかな。エロシーンが入るのはいいけど、言い回しがエロ小説っぽくて笑ってまうなー。



■魔乳秘剣帖

個人的期待度…★★★★
秘伝書破り捨てろ度…★★★★★

アニメ本編よりも、公式サイトのURLで有名になった稀有な作品。ドメイン取得に見せる熱意のこもった公式サイトは一見の価値あり。監督は「クェイサー」の金子ひらく。

えーと公式サイトの主人公の説明文を見ると。

>「古今東西あらゆる豊胸の術を伝承する魔乳本家の頭首・胸則の末子。魔乳流の跡目に選ばれるも、乳が絶対の世の中に疑問を抱き、門外不出の秘伝書とともに里から出奔。」

「乳が絶対の世の中」これをギャグじゃなくてシリアスな雰囲気でやってしまうのが凄い。えーともうちょっと読んでみるか。

>「斬った乳を霧散させる“乳斬り”の他、斬った乳を吸い自身の胸を大きくする特殊な能力を持つ。」

分かったよ俺の負けだよ。

でまー内容も想像通りひたすらおっぱいで、ここまでいくと感動する。命を懸けて奪い合っている門外不出の秘伝てのが「揉むことによりホルモンの分泌を促進すべし」とか「愛しい人に揉まれるとなお良し」とかどうなんってんだこのアニメ。みんな絶対に見たほうがいい。

あといつも通りなんだけど、自主規制の透過光がすんごいことになってて、エロいシーンはもとより普通に歩いてるシーンでも消しが入ったりする。それもうキャラデザインの地点で何とかする問題ちゃうんか。あと「討ち乳」って言いづらいよ。うちちち。うちちち。



■猫神やおよろず

個人的期待度…★★★
シューティング出そう度…★★★

デフォルメキャラの美少女神々のほのぼのギャグ。和風だったりゴスロリだったりで、どこか東方をイメージしちゃうな。
可愛い女の子たちが姦しくしてるのを楽しむアニメなんだろうけど、まだキャラにそこまで入れ込めないなー。正直、アニメとしての出来も普通で、こりゃ空気かなーと思ってたんだけど、ほのぼのした雰囲気が心地よくて意外とのんびり見れちゃった。

…と思ったら、監督が「デジキャラット」の桜井弘明で、なんか色々と納得。いわゆる大作ではないけど、力を抜いて見ていくか。